Event is FINISHED

ライオン祭~『ミステリー・オブ・ザ・ホワイトライオン』出版記念~  

Description

『ミステリー・オブ・ザ・ホワイトライオン 初めて開示されるライオンシャーマンの教え』(リンダ・タッカー著、東海笑子訳)の出版を記念したお祝いの集いを催します。日本人にとってもしかするとあまり馴染みのないライオンという動物。そんなライオンの魅力を学ぶより体感しよう、というちょっとユニークな集いです。

*当日『ミステリー・オブ・ザ・ホワイトライオン』(消費税分を割引いた3700円で販売)をお買い求め下さる方は、参加費1000円を会場にてキャッシュバックします(既にご購入下さっている方は、ブックカバーやレシートなどお見せ頂けるものをご持参下さい)。


【プログラム(予定)】 ※内容は変更する可能性もあるのでご了承下さい。

15:00 開場  

15:15-16:00 【トーク】 ホワイトライオンとの出会いから本の刊行まで    

ホワイトライオンとの出会い、南アフリカでの保護活動と翻訳の苦労など、現地の映像資料を交えつつお喋りします。

16:15-17:00 【ワークショップ 1】 動物になるボディ・ワーク   

自分の心と体のなかに潜むライオンを体感するワークです。

17:15-18:00 【ワークショップ 2】 光と影のライオン・ワーク   

光と影とライオンをテーマにしたワークを企画しています。

18:00終了  


【スペシャルおやつ&飲物付き!】

南アフリカのワインやルイボスティー、そしてImaginary Cafe(下記参照)のご協力により、この集いにふさわしい特別な手作りおやつもご用意する予定。お楽しみに!


※その後18:30ころよりImaginary Cafeによる食事つきの懇親会を予定しています(実費を人数で割った参加費が別途かかります)。


【主催メンバー・プロフィール】


東海笑子

UMIRA主宰。東京生まれ。幼少の頃にバリ島で過ごした体験が原点となり影絵に惹かれ、イギリス南西部にて光と影、自然、心と体の関わりをテーマに写真、ビデオ、パフォーマンス作品を制作。2011年より光と影をテーマとしたアートプロジェクトをきっかけに南アフリカのホワイトライオン保護活動に関わり、現地に長期滞在しながら翻訳に携わる。光と影を通じて人間も野生動物も含めた命や自然との結びつき、生きる実感を育む活動を目指している。訳書に『ミステリー・オブ・ザ・ホワイトライオン 初めて開示されるライオンシャーマンの教え』(リンダ・タッカー著/2015年)。 www.umira.net


宮田恵

群馬県渋川市出身。スタジオ・グラシア主宰。フラメンコを学ぶスペイン留学後イスラエル・パレスチナに移住。キブツ(コミュニティー)に暮らしながらフラメンコをイスラエルの舞踊学校やパレスチナの難民キャンプで教えるうちに「ダンスを通して平和を」という人生のテーマと出会う。生まれてきた目的を目覚めさせるイギリスのダンス・ワーク「ムーブメント・メディスン」と出会い2013年より日本で教え始める。「水の癒し」が最近のテーマ。 studiogracia.web.fc2.com


Imaginary Cafe〜想像的民族料理店〜

田中庸平による料理プロジェクト。架空の民族料理というコンセプトで、週一度だけオープンする武蔵小金井での店での3年間の営業を経て、現在は無店舗型料理店として、目白の古民家「ゆうど」を中心に、食と身体を巡る活動をしている。イベントプロデュースやワークショップなども行っている。

http://facebook.com/imaginarycafe 


MIZORA & MIPORA ミゾラ&ミポラ 

ブレイク寸前のライオンアイドル・ユニット。星から落っこちてティンババティの神話的ホワイトライオンになるつもりが、東京都心に突然変異として誕生。野生なのに都会っ子。時に天然の芸術家肌を炸裂させる


Event Timeline
Updates
  • イベント詳細情報を更新しました。 Diff 2015-12-08 16:49:23
More updates
Sun Dec 13, 2015
3:00 PM - 6:00 PM JST
Add to Calendar
Venue
ギャラリーゆうど
Tickets
参加費 ¥4,000
Venue Address
東京都新宿区下落合3-20-21 Japan
Directions
JR目白駅下車、徒歩約7分です。
Organizer
UMIRA
75 Followers